「引きこもりのすすめ」とオーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

早めに咲き始めた東京の桜も春特有の強風に散り始めてしまいました。
例年は家族や友人に声を掛けて、桜を見ながらバーベキューで盛り上がったり、屋内から桜が眺められるレストランで食事をするのですが、今年ばかりはグッと我慢!
かわりに父が数年前から可愛がっている桜盆栽『旭山さん』を眺めながら家の中でお花見を楽しみました。

急なパーティーの時に私がよく作るのが、手軽につまめて簡単な稲荷寿司。
シャリの種類を複数用意して小さめに作ると色々な味を楽しめます。
常備菜として作り置きしている新生姜のガリと金ゴマを混ぜたり、刻んだ筍と柚子胡椒を混ぜたりと『味、香り、食感』に変化をつけて飽きない工夫をしています。今の季節はプリプリの浅利を炊いて薫りの良い芹と混ぜるのもお勧めです。
でも、自分で作ったお料理だけではちょっと物足りないなと思うことありませんか?
そんな時にありがたいのが、レストランからお取り寄せできる本格的なお惣菜です。
例えば渋谷と代官山の間に位置するフレンチレストラン『レザンファンギャテ』のテリーヌセット。
手軽にお取り寄せをして自宅でプロの味が楽しめます。
今回ご紹介したレストランは以前からお取り寄せを行っている人気の有名店ですが、外出自粛の煽りを受けたレストラン・観光業界では、この危機的状況に対抗するべくデリバリーやお取り寄せのサービスを始めたお店が増えてきているようです。
自分の好きなお店や施設がなくなってしまわないためにも、できることから協力し合っていきたいものです。

さて今回ご紹介する腕時計は
【AUDEMARS PIGUET オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 33mm 67650OR.OO.1261OR.01 ブラウン クオーツ】

オリンピックの聖火が日本に無事到着したとのニュースを見ている時に目に入ってきたのは、オリンピック3連覇という偉業を成し遂げた吉田沙保里さんと野村忠宏さんが聖火を灯したトーチを掲げる姿。
現役時代から柔道着姿が眩しかった野村さんですが、この時はダークスーツに身を包み、爽やかスポーツマンな印象とはひと味違った魅力に。
そして、トーチを握る手元に光るのはロイヤルオークのダブルバランスホイール・オープンワークでした。(吉田さんの手元は残念ながら見えず…)


AUDEMARS PIGUET (オーデマ・ピゲ)は高級腕時計メーカーの中でもパテックフィリップ、ヴァシュロンコンスタンタンと並び三大時計メーカーに数えられる名門ブランドです。
AUDEMARS PIGUET (オーデマ・ピゲ)のコレクションの中でも特に高い人気を誇るロイヤルオークは、個性的な8角形のベゼルや特徴的なベゼルを止めるビスなど、スポーツモデルのデザインでありながら手元に気品を漂わせる秀逸モデル。
全体の繊細なヘアライン仕上げやパーツのエッジを丁寧に面取りし部分的にポリッシュ仕上げを施したブレスレットなど、上質さを纏った佇まいで、まさに『美は細部に宿る』を体現したラグジュアリーモデルです。

タペストリー文字盤の作り込みも素晴らしく、拡大しても全く粗の見当たらない四角形の整列に見惚れます。
文字盤の質感にこだわっている分、秒針を排しシンプルな機能にする事でスッキリとさせているところも◎
深いチョコレートブラウンは赤みの強いピンクゴールドとの相性も良く、全体をシックな印象に引き締めます。

お出かけ時のジャケットスタイルに外しアイテムとしてプラスしても、Tシャツとデニムのエフォートレスな休日スタイルにも、手元にプラスオンするだけで特別なスタイルが完成するレディースウォッチ。
ロイヤルオークで日常に芸術的美しさを取り入れてはいかがでしょうか。

 

今、『BRILLER(ブリエ)』でクォーツ(電池式)腕時計をご購入いただいたお客様には、5年間の電池切れの際に何度でも無料で電池交換を承る特別なサービスを行なっています。
対象商品はこちら

この機会に是非チェックしてください。

Let’s Follow!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Line

この記事が気に入ったらいいね!しよう