王妃の品格 【BREGUET ブレゲ クイーン・オブ・ネイプルズ】

幾度かのカフェブームが到来するたび「コーヒー文化」は成熟度を増してゆくのに比べ、「お茶文化」はなかなか根付かないものだなと、紅茶党の私としてはちょっと寂しく感じています。
コーヒーはシアトル発祥の有名店に代表されるような、気軽に本格的な味を愉しめるお店から、拘りの豆を自家焙煎し、引きたて・淹れたてを提供する専門店まで、楽しみ方の間口が広い様に思います。
それに比べて紅茶はというと、気軽なティースタンド(タピオカやチーズクリームメイン)のお店は急増したものの、茶葉本来の味や個性を楽しむお店はティーサロンのような専門店(敷居が高い)か茶葉専門店でしょうか。


茶葉専門店で茶葉を買い求めるとなると、自分に合った茶葉を選べるのかやその先の『自分で淹れる』ことまでを考え、これまたハードルが高いと感じてしまうかも知れません。
しかし、専門店でお店の方と相談しながら自分の好みを知り、知識を深めるというのも豊かな楽しみ方の1つだと思います。

レディース腕時計も専門店で相談しながら手に入れたいものの1つではないでしょうか。
でも、今お買い物のために人混みの中を出歩くのはちょっと心配という方も多いと思います。
そんな場合でも心配ありません。
『レディース腕時計専門店BRILLER(ブリエ)』では、
小さな気がかりから初めての時計の選び方、新たなコレクション収集のお手伝いまで、幅広いご相談にお電話やメールでお答えしています。
お顔は見えなくとも、店舗で直接ご相談いただくのと変わらないご案内を目指していますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

さて、今回は王妃の為の腕時計、「クイーン・オブ・ネイプルズ」をご紹介いたします。

【BREGUET ブレゲ クイーン・オブ・ネイプルズ ミニ 8928BR/51/944/DD0D】

ブレゲは世界5大時計メーカーにも数えられる名門時計ブランドです。
その歴史は古く創業は1775年、天才時計師アブラアム・ルイ=ブレゲによってフランスの地に産声をあげました。
その後、フランス革命の影響からフランスを離れることとなりますが、長らくの間フランスをはじめヨーロッパ諸国の王侯貴族御用達メーカーとして栄華を誇り、現在に至るまでその品格を引き継いでいるブランドです。
パリのブレゲ・ミュージアムに保管されている記録によると、顧客にはルイ16世やその妻マリー・アントワネット、ナポレオン・ボナパルトなど歴史的な人物から、完全非公表を約束している現代のVIP達が名を連ねているとのこと。

今回ご紹介する「クイーン・オブ・ネイプルズ」は、ナポレオンの妹でナポリ王妃となったカロリーヌ・ミュラの為に制作されたブレスレット型腕時計をモチーフとした優美なレディースウォッチ。
世界初の腕時計というと1904年に製作されたカルティエのサントスが有名ですが、1810年にブレスレット型の時計がすでに作られており、そのデザインのDNAを受け継いだコレクションが現在もあるということが、伝統のあるブランドであることを物語っています。

ブレゲデザインのDNAは他にも。
例えばブレゲ針と呼ばれる特徴的な針の形状や、ケースサイドに刻まれたコインエッジもクラシックムードを高めるブレゲらしい装飾です。

小さなレディースウオッチでありながら、本格的な自動巻きムーブメントを搭載しているのもブレゲならでは。
裏蓋は、繊細な装飾彫りが施されたムーブメントが見られるようシースルーバック仕様になっています。

機械のことを言われても…見た目が一番大事です。という方にもきっとご満足いただける卵型のケースがクイーン・オブ・ネイプルズ最大の特徴にして魅力でもあります。

有機的な丸みを帯びたケースには優しい艶を湛えたホワイトシェルの文字盤や美しい煌めきを放つダイヤモンドがセットされ、ジュエリーのような輝きで見るものを魅了します。

品格に満ちた王妃のための腕時計、クイーン・オブ・ネイプルズで真のラグジュアリーを手にしてはいかがでしょうか。

ブレゲの時計は他にもあります。
こちらからご覧ください

+1

Let’s Follow!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Line

この記事が気に入ったらいいね!しよう