《映画と時計~ダークナイト/レベルソ~》

以前、当ブログ内で『映画と時計』と題し、マイ・インターンとカルティエ タンクをご紹介しました。
『映画と時計』バックナンバーはこちら≫≫

今回は『映画と時計』の第二弾として、クリストファー・ノーラン監督によるバットマンシリーズ『ダークナイト・トリロジー』の中から、特に人気の作品をご紹介します。

【ダークナイト(2008年公開 アメリカ・イギリス)】

[あらすじ]
マフィアによる暴力と汚職に満ちた街・ゴッサムシティに現れた史上最悪の犯罪者、ジョーカー。
バットマン(ブルース・ウェイン)やゴードン警部補、地方検事のデントは、それぞれの方法で共に立ち向かってゆきます。
しかしバットマンが名乗り出ない事を理由に殺戮を繰り返すジョーカーの行いにより、民意はバットマンに対し否定的な意見が大半を占めるようになり、「自分の正義と世間の悪とは表裏一体なのでは?正しいヒーローの在り方とは?」と、バットマンとして自警を行うことに対し苦悩を抱えるブルース。
善悪の境い目を揺るがすような狂気を孕んだジョーカーに翻弄されるなか、ブルースはデントこそが正当に市民を守ることが出来る光の騎士(ホワイトナイト)であると考えるようになります。
バットマンとして行ってきた使命を、正しい方法で全うできるデントに託し、自身はバットマンである事を世間に公表し罪に問われる決意をしますが、そんな中ジョーカーによって重大な事件が引き起こされ…。
バットマンとして、ブルース・ウェインとして、最後にどのような決断を下すのでしょうか。

一般的なヒーロー映画と比べるとテーマや全体の色彩も暗く、キーマンとしてヒロインは存在するものの、恋愛要素も薄い作品です。
バットマンことブルース・ウェインの生真面目なキャラクターとも相まって、終始シリアスなストーリー展開。
主演を務めたクリスチャン・ベールは以前から役に合わせて肉体改造するカメレオン俳優として有名ですが、この作品でも命を賭してゴッサムシティを守るダークナイトをストイックに演じています。
しかし、今作で際立っているのはジョーカーを演じたヒース・レジャーの存在感。
ピエロのメイクを施した得体の知れない悪のカリスマを怪演したのち、映画の公開を待たずにその生涯を閉じ、全編出演した映画ではこの作品が遺作となりました。

バットマンは日々悪と闘っていますが、ブルース自体はスーパーマンのような特殊能力を持つわけではない普通の人間です。
鍛錬を重ねた強靭な肉体と聡明な頭脳、そしてウェインエンタープライズの会長として手にする巨万の富を注ぎ込み開発するガジェットの数々を駆使して悪に立ち向かっているのです。
その理由は、悲しい過去に対する後悔と生まれ育った街やそこに暮らす大切な人々を守りたいという高潔な正義感から。
この映画が公開した当時、私はまだ別業界で働いており時計に注目することは無かったはずですが、ストイックな本質を隠しプレイボーイとして振る舞う富豪ブルースが愛用している腕時計がどのようなものか気になった覚えがあります。
(ちなみに愛車はランボルギーニ ムルシエラゴ=スペイン語でコウモリの意)

ブルース・ウェインの愛用時計は【JAEGER LECOULTRE ジャガー・ルクルト レベルソ】です。

JAEGER LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)は女性には馴染みが薄いブランドかもしれません。でも、腕時計好きの方ならば歴史に裏付けられた格式、エレガントなデザインから一度は手にしたい玄人向けの腕時計です。
皆さんは『マニュファクチュール』という言葉をご存知ですか?
これは自社一貫生産を意味しており、外装のデザインだけでなく内部のムーブメントまで自社で製造しているメーカーを指します。
「高級腕時計メーカーならどこも自社で作っていて当たり前なのでは?」と思われるかも知れませんが、実は高級腕時計メーカーの中でもマニュファクチュールを名乗れるメーカーは意外と少なく、ムーブメントを他社から仕入れて時計製造を行っているブランドが多く存在します。
ムーブメント製造に特化した専門メーカーのものを採用する事で、安定した品質の製品を効率良く生産することが出来るうえに、自社開発するよりは価格もグッと抑えられます。
このようにムーブメントを他社から仕入れて製造するメーカーを『エタブリスール』と言います。
一般的に高級腕時計メーカーと呼ばれるブランドはETA社など信頼性の高い高級ムーブメントを使っているので、決してエタブリスールが品質において劣っているという事ではなく、どちらかというと効率を重視し分業製造している感覚に近いでしょうか。
ただし、汎用性が高い仕様なので、時計の機能やデザインに応じて個性を発揮するという事には不向きです。
ムーブメントの開発・製作は高度な技術とコストが必要という事なのです。
さて、前置きが長くなってしまいましたが、つまり何が言いたいのかというと…「JAEGER LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)は、マニュファクチュールです。」ということ。
しかもかつては、三大腕時計メーカーと呼ばれる「ヴァシュロン・コンスタンタン」「オーデマ・ピゲ」「パテック・フィリップ」にもムーブメントを提供していたほどの実力派です。
扱いやすいクォーツ(電池式)時計も便利ですが、こんな本格ブランドなら是非とも機械式時計を手にしてみたくはないですか?
通常レディースウォッチは小さなケースデザインに適したクォーツムーブメントが採用されることが多いのですが、そこはさすがマニュファクチュール、手巻きの機械式ムーブメントを採用したレディースモデルがちゃんとラインナップされています。
この小ささで、しかも四角形のケースに合う機械式ムーブメント。こんな個性もジャガールクルトの技術力の高さで成り立っているのです。

【JAEGER LECOULTRE ジャガー・ルクルト レベルソ ワン デュエット Q3348420】

レベルソはJAEGER LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)を代表するコレクションで、ラテン語のREVERSO(英語でreverseリバース)という名の通り、レクタンギュラー(長方形)型の文字盤を裏返すことが出来るのが最大の特徴。
1930年代初頭に、イギリス人将校の「ポロ競技中の使用に耐えられる腕時計が欲しい」とのリクエストに答え製作されたのがこのモデルの始まりです。
洗練されたドレスウォッチの顔をして、実は馬上の激しい競技のために作られたスポーツウォッチがルーツ。まさにブルース・ウェインの様な時計ではないですか。
余談ですが、ダークナイトにつながる前作、『バットマン・ビギンズ』の中でも、マフィアとの戦いで怪我が絶えないブルースに執事のアルフレッドが「今後も怪我をするようなら、何か言い訳が必要です。例えばポロとか。」という一場面があり、レベルソとブルースの親和性の高さを感じさせるシーンとしてお気に入りです。
「文字盤を裏返す」というギミックも秘密のガジェットを思わせる仕様でたまりません。

風防が割れない為の反転機能なので、もともと裏側は装飾のない金属盤で、その意匠は現在のモデルにも採用されています。
そのシンプルな裏側にイニシャルやメッセージをエングレービングするという粋なサービスもありますが、現代においては正直裏返す機会は少ないかも知れません。

そこで今回おすすめしたいのが、表と裏で全く異なるデザインの文字盤を持つデュエットです。
中でも2016年に復刻版として発表され、2019年にデュエットモデルが追加された「レベルソ・ワン」シリーズは、他のレベルソと比べ細身のケースデザインですっきりとしており、よりエレガントな印象です。


表は清潔感溢れるシルバーカラーの文字盤。
中央から放射状に広がるギョーシェ彫りや、柔らかな手書き風のアラビアインデックスがクラフツマンシップを感じる味わい深い仕上がりです。青焼きの針が爽やかでビジネスにも休日のカジュアルな装いにもシックに決まります。


裏は一転、微細なラメが繊細に煌くミッドナイトブルーの文字盤。
サークルから伸びるダイナミックなバーインデックスは暗闇に包まれた皆既日食を思わせるミステリアスなデザインです。
ドレスアップの仕上げにプラスすれば、大人の魅力溢れる女性にクラスアップしてくれます。


デュエットデザインの多くは、ライトカラーの表側はデイリーユース仕様でシンプルに、ダークカラーの裏側はグラマラスなラグジュアリー仕様にとデザインされており、裏側にしかダイヤモンドがセッティングされないのですが、このモデルはライトカラーの表側にもブリリアントカットのダイヤモンドがベゼルの上下を彩ります。


手首に優しく添うようにラグ(ケースとベルトを繋ぐ部分)がケースよりもやや下がる設計になっています。この少しの気遣いでつけ心地に大きな差が出てくるのです。


ストラップは裏表どちらの文字盤カラーにもマッチしたダークブルーのアリゲーターストラップ。
ホールディングバックルは一度サイズをセッティングすればバックルの開閉のみで着脱ができるので、落下事故の心配も少ない仕様です。

更に特筆すべき点はその価格設定です。
先にお伝えした通り、ムーブメント製造にはコストがかかるため、どうしてもエタブリスールのものと比べると高額になってしまうものなのですが、JAEGER LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)はマニュファクチュールとしては比較的手が届きやすいお値段。
容姿端麗で中身も優秀でありながら、とてもユーザーフレンドリーで、JAEGER LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)のホームページからケアプログラムにご登録いただくと、メーカー保証発行日付より8年間もの長期にわたり自然故障に対しての修理保証を受けることができます。

現在BRILLER(ブリエ)ではサマーセールの開催に伴い、JAEGER LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)のお時計がお求め安くなっています。
様々なサイズ、ベルトの種類からご自分だけの1本を探してみてはいかがでしょうか。

「JAEGER LECOULTRE ジャガー・ルクルト」の商品一覧はこちら≫≫

サマーセール対象商品はこちら≫≫

Let’s Follow!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Line

この記事が気に入ったらいいね!しよう