春色を持ち歩く【エルメス ピコタンロック トリヨン ローズサクラ シルバー金具】

レディース腕時計専門店『BRILLER(ブリエ)』のブログをご覧の皆様こんにちは。

桜の開花も発表されたというのに、先日東京には小雪交じりの冷たい雨が降りました。
天気予報では、しばらく降ったり止んだりのお天気が続くとか。
せっかく咲き始めた桜が散ってしまわないことを願うばかりです。
蔓延防止が明けたとはいえ、まだまだ友達と集まってお花見というわけにはいかず、今年も旦那さんと2人で桜を見に行く事にしています。
例年はお仕事終わりに旦那さんの職場に近い中目黒で待ち合わせをして、目黒川沿いを散策するのですが、今年はキャンピングカーで桜が見られるオートキャンプ場に行く予定です。
綺麗な桜を眺めながら焚き火を焚いたり料理をするのが楽しみです。

さて、BRILLER(ブリエ)には、そんな桜の季節に合わせたかのように、とってもかわいいバッグが入荷しました。
【エルメス HERMES ピコタン ロックPM トリヨン ローズサクラ シルバー金具】

ピコタンが誕生したのは、2003年のこと。
エルメスのバッグの中では比較的新しいコレクションです。
『ピコタン』とは、馬の餌である干草を計測する際に用いられた単位で、餌入れとして使用されていた袋の形からインスピレーションを受けたデザイン。
ケリーやバーキンのベースとなったオータクロアも、元々は馬具を収納するための鞄だったように、ピコタンも馬具メーカーがルーツであるエルメスのアイデンティティをしっかりと継承しているのです。
発売当時はカデナが無いデザインでしたが、2008年にカデナが付いたデザインの『ピコタンロック』が発表され、現在の形となりました。
2本のハンドルが付いていてマチが広いトートバッグの様な形状は、シンプルなゆえに使い勝手に優れており、年代を問わず高い人気を誇るコレクションです。

ピコタン ロックのサイズ展開は主に4種類。
PMサイズはコンパクトウォレットやハンカチ、携帯電話などを入れて気軽なお出かけにぴったり。
可愛らしさもピカイチです。

MMサイズは長財布や手帳、ポーチが入るサイズ感。普段使いでもある程度の収納力が必要な人はこのサイズがおすすめ。

GMサイズは収納力たっぷり。500mlのペットボトルやタブレットも入ります。
シンプルな色味であればお仕事バッグにも。

TGMサイズは1泊2日の旅行にも使えそうな大収納力。
ブラックやネイビーなどのダークカラーは男性にも人気です。

※ピコタン ロックには実はミクロ(マイクロ)サイズも存在します。手のひらサイズで携帯電話がかろうじて入るくらいのサイズで超希少アイテムです。


使われている革素材は『トリヨン クレマンス』と呼ばれる雄牛の型押しレザー。
しっとりとした柔らかな質感が特徴で、エルメスらしい上質感を味わえます。
表面は細かな腑があり、わずかに凹凸も感じられます。
トリヨンと同じくらい定番の革素材に『トゴ』という雄仔牛の素材がありますが、この二つは風合いが非常に似ており、一見して見分けるのはとても困難。
見比べるとややトリヨンの方が腑が大きめで、トゴには血筋と呼ばれる筋がみられます。
と言っても、腑の大きさは個体差もあり、年式によっても異なりますのであくまでも参考程度に…。


コーディネートを優しく纏めるピンク色は2015年に発表された『ローズサクラ』というカラー。
まさに”桜色”と言う名前がふさわしいこのカラーはエルメスピンクの中でも大変人気の色でしたが、残念なことにしばらくお作りがありませんでした。
そんな人気色が、2021年に復活カラーとしてラインナップに追加された際には、エルメスファンのみならず、世の女性がそのカムバックを心から喜びました。


エルメスの象徴的なデザインでもあるカデナ(南京錠)のシルバーカラーが、可憐なピンク色に甘いだけではないモードな要素を加えており、バランスの良い組み合わせです。


シンプルな作りでも、見えないところに手抜きはありません。
底には底鋲が打たれており、底面が汚れないだけでなくしっかりと自立します。

Z刻印(2021年製造)の未使用品ですが、カデナに保護シールが無い分お安くなっています。
この機会に春をお供にお出かけしてみてはいかがですか。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

商品ページはこちら

ピコタン商品一覧はこちら

HERMES(エルメス)商品一覧はこちら

BRILLER(ブリエ)トップページはこちら

BRILLER(ブリエ)ブログバックナンバーはこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Let’s Follow!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Line

この記事が気に入ったらいいね!しよう