秋にお勧めのピコタンロック

レディース腕時計専門店『BRILLER』をご覧の皆様、こんにちは。

8月も終わりに近づき、暑さも少し和らいだように感じます。
この時期は例年、秋シーズンの服が各ファッションブランドから展開され始めるので毎年非常に楽しみです。
さて、本日はHERMESから秋服にもぴったりと合わせられるバッグ、「ピコタン」をご紹介いたします。

元々馬具メーカーだったHERMESは、馬具からヒントを得て商品を展開していますが「ピコタン」も例外ではありません。
まず、「ピコタン」という言葉は、牛や馬が食べる飼料の単位のことです。
バッグの形は、その飼料を入れるカゴの形にインスピレーションを受けています。
ちなみに、この単位は中世フランスまで使われており、ボワソー升(約12.7リットル)の4分の1を示すのに用いられていました。
つまり1ピコタン=約3.2リットルということになります。

元々馬や牛が歩きながら餌を食べられる仕様だったピコタンは、荷物の収納力とものの出し入れが非常にしやすい造りになっています。
当店ではピコタンを豊富に取り揃えておりますので、その中から秋にお勧めの何点かをピックアップしてご紹介します。

まずはこちら、「ピコタン ロックPM トリヨン エトゥープ ゴールド金具」

HERMESのカラーの中でも、長い間愛され続けている定番カラーのエトゥープ。
エトゥープは、フランス語でEtoupeと書きます。単語の意味としては「麻の繊維、麻袋」という意味になり、麻の色合いを指しています。
本物の朝の色合いとは少し異なりますが、自然由来の落ち着いた優しいグレージュの色味は、T.P.Oを問わず使うことができます。また、素材はトリヨンなので、柔らかな質感と上品な色合いが相まって大人な雰囲気を演出してくれるでしょう。

続いてご紹介するのは、「ピコタン ロックカザックPM ブラック/ニュイ/フリーダ ゴールド金具」

一見すると、シンプルなブラックのピコタンに見えるこちらの商品は、ブラック・ブルーニュイ・ブルーフリーダの三色が使われています。
ブルーニュイは、ブラックに近いネイビーのような色味で非常に落ち着いた雰囲気を持っています。「ニュイ」とは、フランス語で「夜」という意味を持ちます。
フランスの夜空の色味を表現しているらしく、どことなく色気を感じるネイビーブルーです。バッグの内側に見えるのは、ブルーフリーダというHERMESの2020年秋の新色です。

はっきりとした濃い目の水色で鮮やかな美しさを持っています。全体的な雰囲気はブラックとブルーニュイのダークトーンのカラーリングにより落ち着いていますが、はっと目の覚めるようなブルーフリーダを内側に差し色として持ってくることにより、明暗のバランスが絶妙な仕上がりになっています。
ブラックとブルーニュイがメインで使われているので、秋冬のファッションにぴったりです。

最後にご紹介するのは「ピコタン ロックPM トリヨン ブルーオラージュ シルバー金具」

ブルーオラージュは、ブルーとグレーの中間の色味です。
フランス語で、「オラージュ」は「嵐」を意味しています。ブルーオラージュは、雷雨の降り注ぐ嵐の日の曇天を色なのだそう。
カラーコンセプトだけ聞くと激しいイメージですが、実際の色は落ち着いた寒色系のグレーです。
ブラックなどの定番カラーには飽きてしまったが鮮やかな色のバッグはちょっと…という方にピッタリの色味です。

ダークトーンの服装にはもちろん、明るいカラーの服装にも非常に良く合います。

今回は、個人的に秋にお勧めしたい三つのピコタンを紹介させていただきました。
他にも可愛らしいピコタンを豊富に取り揃えておりますので、ぜひサイトをご覧ください。

■ピコタンはこちら

0

Let’s Follow!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Line

この記事が気に入ったらいいね!しよう