秋冬を楽しむ話題のレストランと革ベルトの腕時計「ランデヴー」

『レディース腕時計専門店BRILLER(ブリエ)』のブログをご覧の皆様こんにちは。
近頃急に秋めいてきましたが、体調など崩されてはいないでしょうか。
私は大好きな夏が駆け足で終わってしまった事に寂しさを覚えつつも、旬を迎えはじめた秋の食材を食べて滋養をつけようと、注目のレストランへ行ってきました。
今回伺ったのは西麻布交差点をからほど近い路地にある『FORNO(フォルノ)』。
FORNOとはイタリア語で窯を意味し、近年注目を集めている火入れ方法『薪焼き』で調理したステーキを供するレストランです。
ずっと行きたいと思いながらチャンスに恵まれずにいたのですが、今回お友達に誘ってもらい、やっと訪れることが出来ました。
[アミューズ]フルーツトマトとモッツァレラ バジルの泡
[冷菜]キジハタ、エビ、山芋のタルタル キャビアのせ
[温菜]巨大椎茸、本シメジの薪焼きと自家製牛肉の生ハム ゴルゴンゾーラ
[魚料理]鱧のフリットおかひじきと胡瓜のマリネ グリーンガスパチョのソースと梅肉ソース
[肉料理]鳥取ブランド牛フィレとシンシンの薪焼き
[〆パスタ]ミートソースのスパゲティ
[デザート]シャインマスカットとヨーグルトのジェラート 梨のソルベとシャンパンのジュレ
食材の魅力を最大限に引き出した丁寧なお料理の数々に終始圧倒されました。
特にお店の代名詞でもある『薪焼き』のキノコとお肉は、薪ならではの豊かな風味と水分を保ったジューシーな焼き上がりに感動!
季節が変わる毎に、旬と出会いに行きたい素敵なお店でした。
季節が変わったら腕時計も秋仕様にしたいところ。
私は自分が愛用しているデイトジャストをブレスレットから革ベルトへ衣替えしています。
同じ時計でもその日の気分や服装に合わせてストラップの色を変えると腕時計をより楽しむことが出来ます。
JAEGER LECOULTRE(ジャガールクルト)というと、文字盤を裏返すことができるレクタンギュラー型(長方形)のモデル『レベルソ』有名ですが、1本目の腕時計なら王道のラウンド型(丸型)で、とお考えの方も多いかも知れません。
そこでオススメなのがランデヴーコレクションです。
1990年代にランデヴーが初めて発表された際は、現在のデザインとは全く異なり幅の広い回転ベゼルに一粒のダイヤモンドがセットされているユニークなデザインでした。
待ち合わせの時間にダイヤモンドを合わせて目印にするというロマンチックな使い方で、まさに『ランデヴー=待ち合わせ』の名にふさわしいコンセプトのモデルだったのです。
その後2012年に女性の為のコレクションとして、アールデコを彷彿とさせるデザインを取り入れ本格的に展開することとなります。
ピンクゴールド素材のケースとベゼルを彩る60個のダイヤモンドがリュクスな輝きを放つ一方、手首におさまる29mmのサイズ感とシックな革ベルトで、主張しすぎない大人の余裕を感じさせるバランスです。
JAEGER LECOULTRE(ジャガールクルト)を象徴する意匠の1つでもある、繊細なギョーシェ彫りが施された文字盤。
定規で引いたような真っ直ぐな線では無く、有機的なラインを描いており、緻密な作業が垣間見える仕上がりに見惚れてしまいます。
6時位置にある半月型の窓は日付表示窓です。
優美な曲線を用いたデザインにすることで文字盤全体が統一感のある仕上がりになっています。
また、アラビア数字のインデックスがプリントされた部分とゴールド・ドットのミニッツマーカーをプリントしている部分で文字盤の高さを変え、奥行き感のある作りにしているところも、さりげなく高級感を感じさせる演出です。
18Kピンクゴールドの裏蓋には放射状に広がるサンビームのような幾何学模様がエングレービングされており、とても華やかなデザインです。
※画像では裏蓋に貼ってある保護テープの汚れが写っておりますが、剥がすときれいな状態になります。
艶のあるブラックカラーのアリゲーターストラップはどのようなファッションにも合わせられる万能カラー。もちろんピンクゴールド素材とも好相性です。
また、JAEGER LECOULTRE(ジャガールクルト)のオフィシャルサイトを見ると、他にも色違いや素材違いで様々なストラップがラインナップしています。『大人可愛い』がかなう華やかな色味も1本あると更に用途が広がりそうです。
JAEGER LECOULTRE(ジャガールクルト)のバネ棒には工具無しで取り外しができるレバーがついています。
クォーツ(電池)式でなので、ご使用頻度にかかわらず電池が切れてしまわない限りは動き続けます。
機械の扱いに慣れていない女性にもやさしい仕様です。
1〜2年に一度、電池切れの際にはBRILLER(ブリエ)に電池交換をお申し付けください。
JAEGER LECOULTRE(ジャガールクルト)の商品はこちら
レディース腕時計専門店『BRILLER(ブリエ)』の商品はこちら
0

Let’s Follow!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Line

この記事が気に入ったらいいね!しよう