カラフルを楽しむ【2020年新作 ロレックス オイスター・パーペチュアル 277200 ターコイズブルー】

レディース腕時計専門店『BRILLER(ブリエ)』のブログをご覧の皆様こんにちは。
先月末には観測史上最速の梅雨入りかともささやかれていましたが、近頃は日中の気温が30度を超す日もあり、まるで梅雨を飛び越え夏が来たかのような気候です。
暑くなるにつれファッションの好みも彩度を増し、ビタミンカラーに挑戦したくなるのは私だけでしょうか。
自粛期間で色々我慢していることも手伝い、気がついたら某ファッションサイトの閲覧履歴が随分と色鮮やかになっていました。
でも、いざ購入となるとアラフォーの私がお洋服でカラフルな色を取り入れるのはどうなのかと我にかえってしまい、「あと10歳若ければね〜」と思いながらカートをカラに…を繰り返しています。
でも、そんな私にこそ嬉しい腕時計が昨年ロレックスから発売されたのです。
「オイスター パーペチュアル」はロレックスの三大発明のうち、防水性に優れた「オイスターケース」と自動巻ムーブメントの「パーペチュアル機構」を備えたモデルで、ロレックスの中でも最もシンプルかつ完成されたコレクション。
1931年の誕生以来、長らく愛され続けています。
そんな定番モデルが一新されたというニュースが飛び込んできたのは2020年の春でした。
ケースサイズの種類が豊富な事がオイスターパーペチュアルの大きな魅力のひとつで、今回のリニューアルではレディースサイズの26mmが28mmに、39mmのメンズサイズが41mmに変わり、28mm、31mm、34mm、36mm、41mmというサイズ展開となりました。
これは先行して新型に切り替わっていたデイトジャストシリーズにほぼ合わせた形です。
34mmのオイスターパーペチュアルデイトだけが未だに新型発表されていません。)
好みに合わせて自由に選べる楽しさがそのまま受け継がれています
また、搭載ムーブメントが新型に切り替わり、パワーリザーブが長くなるなど、機能面でもブラッシュアップされました。
最も話題をさらったのは、なんとも鮮やかなラッカー仕上げの文字盤バリエーション。
ラッカー仕上げの文字盤は全部で5色あり、イエロー、グリーン、コーラルレッド、キャンディピンク、そして今回ご紹介するターコイズブルーというラインナップです。
いずれも不透明性のネイルポリッシュのように鮮やかな発色でポップな印象。
身につけているだけで元気になれそうなカラーリングです。
ここまでビビッドな色はロレックスの歴史の中でもほとんど見られず、近しいものといえば70年代〜80年代にかけて中東諸国向けに製造されていたと言われる「デイデイト ステラダイヤル」でしょうか。
といっても、あまりにも個体数が少なく実物を目にする機会もほとんどない超レアアイテムなのですが…。
通称『ティファニー』とも呼ばれているターコイズブルーの文字盤は、数あるカラーバリエーションの中でもお客様からのお問い合わせが1番多い人気色。
インデックスはシンプルなアップライドのバーインデックスで文字盤の発色をより引き立てるデザインです。
今回の新型でインデックスは全てバータイプに統一され、ローマインデックスや369アラビアインデックスはブランドカタログから姿を消すこととなりました。
ブレスレット画像
デイトジャストシリーズの中央が鏡面仕上げのブレスレットとは異なり、全面ヘアライン仕上げのオイスターブレスレットで落ち着いた印象
バックルには3段階の微調整と折り畳み式のアジャスターがついているので、思い通りのサイズ調整ができます。
ブルーデニム×白Tシャツにプラスオンするだけで完成するエフォートレスな休日スタイル。
シンプルなコーディネートにこそ際立つ差し色です。
もちろんイエロー
カジュアルスタイルを完璧に仕上げます。
シンプルなコーディネートに腕時計で彩りを添えてみてはいかがでしょうか。
ロレックスの商品一覧はこちら
今月、姉妹店GMTが15周年を迎えました。
日頃の皆様のご愛顧に感謝すると共に、今月だけの特別なキャンペーンを行っています。
6月30日までに新品商品をご購入いただくと、自然故障に対応する保証期間を通常より15ヶ月延長!
0

Let’s Follow!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Line
277200 ターコイズブルー

この記事が気に入ったらいいね!しよう