一期一会【カルティエ タンク アロンジェ ラニエール W15373X5】

レディース腕時計BRILLERのブログを皆さまこんにちは。

「一点もの=量産体制で製造したものではなく、同じものが存在しない商品」

一般的には、手作りのものやアンティークのものに使われることの多い言葉ではないかと思いますが、現在の時計の世界でも、時としてメーカーの総力をあげた「一点もの」のモデルが作られることがあります。
そういったモデルには、他とは一線を画した装飾や複雑な内部機構が使われており、天文学的とも言える金額で取引されていますので、欲しいと思っても手が出ない(そもそも欲しいと思えない…?)ものです。

それと比較して、市場に流通している時計は、工業製品であることから正確には一点ものとは言えませんが、USED商品、特にアンティークを始めとした生産終了モデルには、手に入れる際の『縁』や一期一会の『出会い』が大切な要素になり、限りなく「一点もの」に近い感覚でご愛用いただけるのではないでしょうか。

今回は、前回の「ドライバーズウォッチ W1523156」に引き続き、カルティエの生産終了モデルをご紹介したいと思います。

「カルティエ タンク アロンジェ ラニエール W15373X5」

ブロック状のパーツを連ねたデザインで人気を博したカルティエの「ラニエール」コレクション。
なお、ラニエールとは、フランス語で「革ひも」のこと。
磨き上げられた細かなパーツを連結することで、金属でありながらしなやかな革ひものような佇まいを実現したコレクションは、リングやブレスレット、ネックレスなど、様々なジュエリーも作られました。
現在では販売が終了していますが、未だ根強い人気を誇っています。

今回ご紹介するこちらの時計は、カルティエの主要コレクション「タンク」の中で、”アロンジェ(長くした)”の名を持つモデル。
タンクシリーズのもつ端正な顔立ちを受け継ぎつつ長く引き伸ばされたケースは、小さいながらも確かな存在感を放ちます。

ダイヤルはタペストリー模様が施されたシルバー文字盤。
2針とローマインデックスのシンプルな構成で、サイズに似合わず視認性は良好です。
おなじみの10時のインデックスに隠れた「CARTIER」の文字もしっかりと確認できます。

ブレスレットは贅沢な3連のラニエールブレスレット。
それぞれの独立した3本を束ねた、エレガントでしなやかな付け心地のブレスレットに仕上がっています。


ムーブメントはクォーツですので、思い立ったときに気軽にお使いいただけます。

日本人の肌色に馴染みやすいと言われるピンクゴールド。
そして人気のラニエールブレスレットを備え、現行商品とは一味違った魅力を持ったこちらのモデル。

USEDのお品ですので、次回の入荷は未定です。
また、ラニエールのブレスレットを持つ商品は現在こちらの一点のみのご用意ですので、気になる方はお早めのご検討をお勧めいたします。

 

『CARTIER(カルティエ)』商品一覧はこちら

『BRILLER(ブリエ)』商品一覧はこちら

『BRILLER(ブリエ)』トップページはこちら

『BRILLER(ブリエ)』ブログのバックナンバーはこちら

Let’s Follow!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Line

この記事が気に入ったらいいね!しよう